1℃単位で温度調節ができコーヒー・お茶・紅茶など適温で美味しく飲める!温度調節機能搭載の電気ケトル「YKG-C800」発売!

コーヒーやお茶、紅茶などのホットドリンクは、美味しく飲める適温がそれぞれ異なります。簡単に美味しさを引き出せるよう、温度調節機能搭載の電気ケトル「YKG-C800」が、2018年1月中旬に山善から発売されます。美味しい飲み物でより落ち着いたリラックスタイムをすごしてみませんか。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大

飲み物に適した温度調節ができる電気ケトル!

「YKG-C800」は、60℃から100℃まで1℃単位で温度調節が可能な電気ケトルです。

コーヒーやお茶、紅茶などのホットドリンクは適温がそれぞれ異なるため、単に沸騰させたお湯では十分に美味しさを引き出せないものがあります。「YKG-C800」は、簡単にホットドリンクの美味しさを引き出せるよう、温度調節機能と搭載しています。

自分好みの味も引き出せるよう、1℃単位で温度調節が可能で、自宅で本格的にコーヒーを楽しみたい人のために、ドリップコーヒーが淹れやすい細口ノズルを採用しています。

60℃、70℃、80℃、85℃、90℃、95℃の6段階の温度がプリセットされている「温度選択スイッチ」と、60℃〜100℃まで1℃単位で温度調節が可能な「温度設定スイッチ」、ワンタッチで沸騰させることができる「沸騰スイッチ」を搭載しています。

特にお茶は、茶葉によって美味しさや成分を効率的に引き出す温度が大きく異なるため、1℃単位で温度調節ができることにより、それぞれのお茶の美味しさを引き出すことはもちろん、自分好みの味をひきだすこともできます。

従来品の注ぎ口では、一気にお湯がでてしまい湯量の調節などが困難でした。ドリップコーヒーを美味しく淹れるには、湯量とスピードがポイントとなるため、適温に沸かせるだけでなくドリップコーヒーの淹れやすさにも着目して、細口ノズルを採用しています。

外観にもこだわり、どこに置いてもオシャレ感がアップする、マット地のブラックカラーになっています。

一度に使い切れない場合や、おかわり時などに便利な60分間の保温機能を搭載しています。沸騰スイッチ、温度選択スイッチ、温度設定スイッチのいずれかで温度を設定後、保温スイッチを押すと最後に設定した温度で保温することができます。好みの温度をお湯をキープすることができるので、ホットドリンクをおかわりしたい時などにもう一度沸かし直す必要なく、大変便利な機能です。

容量は約800mLで、本体サイズは約幅285×奥行き190×高さ240mmで、本体重量は約980gです。

1℃単位で温度調節ができ、コーヒーやお茶、紅茶などのホットドリンクの美味しさを引き出すことができる電気ケトル「YKG-C800」で、美味しいホットドリンクとともに素敵なリラックスタイムをすごしてみませんか。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大