自動運転時に比べ約1.4倍速く蚊を捕獲できる「パワフル蚊取りモード」搭載!プラズマクラスター空気清浄機『蚊取空清 FU-JK50』発売!

自動運転時に比べ約1.4倍速く蚊を捕獲できる「パワフル蚊取りモード」を新たに搭載したプラズマクラスター空気清浄機『蚊取空清 FU-JK50』が、2018年4月19日にシャープから発売されます。蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用し、薬剤を一切使わずに蚊を捕獲することができます。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大

自動運転時に比べ約1.4倍速く蚊を捕獲できるモード搭載!

『蚊取空清』は、蚊を捕獲する世界初の空気清浄機として2015年9月よりASEAN各国で発売を開始しました。その後、日本をはじめ中国・台湾・香港・インドなどでも順次発売し、現在は17の国と地域で展開しています。

『蚊取空清』は、蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用して、薬剤を一切使わずに蚊を捕獲することができます。

蚊は、360nmの紫外線に近寄るほか、黒色など蚊自身が目立たない色を好み、飛翔能力が弱いため暗がりなどの狭い場所に隠れる習性を持っていると言われています。この蚊の習性を利用し、UVライトを搭載し、本体色にブラックを採用し背面に複数の小窓を設けています。

本体に理科づいた蚊を空気清浄機の吸引力を利用し吸い込み、粘着式の「蚊取りシート」で捕獲します。

また、日本で多く見られるコバエの捕獲も同様に可能で、小さいお子様やペットのいるご家庭などで幅広く使用することができます。

今回発売された『蚊取空清 FU-JK50』は、従来品に比べ本体の吸引力をアップさせ、自動運転時に比べ約1.4倍速く蚊を捕獲できる「パワフル蚊取りモード」を新たに搭載しています。

もちろん、空気清浄機としても高性能で、プラスとマイナス両方の静電気を抑制できるプラズマクラスターイオンで、微小な粒子が静電気で壁などに付着するのを抑えながら遠くのホコリも引き寄せる「スピード循環気流」を搭載しています。

0.3μmの微小な粒子を99.97%以上集じんできる「静電HEPAフィルター」など3つのフィルターでしっかり集じん・脱臭するほか、浮遊ウイルスの作用を抑制し、フィルターだけでは対応できないタバコの付着臭をプラズマクラスターイオンを放出することで消臭します。

また、花粉が気になる季節に便利な、ホコリセンサーの感度を高めて強めの風量で自動運転する「花粉運転」も搭載しています。

さらに、「おやすみ運転」は、前面のモニターを消灯して眩しさを抑え、蚊を取りながら静かに運転することもできます。(「おやすみ運転」時の運転音:18~24dB)

本体サイズは約幅391×奥行き281×高さ540mm(突起部含まず)で、本体重量は約5.9kgです。

最大風量は5.1立方メートル/分で、8畳を約12分で清浄することができます。プラズマクラスター7000の適用床面積の目安は約14畳(約23平方メートル)で、空気清浄の適用床面積の目安は23畳(38平方メートル)までとなっています。

消費電力は1.8〜50Wで、運転音は18~51dBとなっています。

空気をキレイにしながら蚊も捕獲してくれる、プラズマクラスター空気清浄機『蚊取空清 FU-JK50』で、蚊に悩まされることなく、快適に夏をすごしてみませんか。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大