温度をコントロールして 理想的な睡眠環境を!レイコップ、快眠温度33℃にキープして眠りをコントロールする「ふとんコンディショナー」発売!

レイコップ・ジャパンから、1台で睡眠ケアと、寝具ケアが可能な「ふとんコンディショナー FCST-100」が、発売されました。”ふとんの中の”温度をコントロールして、理想的な睡眠環境で、人生の3分の1をもっと快適にすることができます。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大

快眠は温度でキマる!ふとんコンディショナー誕生!

「FCST-100」は、温度をコントロールする本体とエアマットで構成された睡眠時に使用するふとんコンディショナーです。

すっと眠れて、ぱっと起きられる、心地よい睡眠を左右する鍵は、部屋の温度ではなく、ふとんの中の温度でした。人間が快眠できるのは33℃といわれ、一般的に体温が1℃下がることで眠りに入り、1℃上がることで目覚める仕組みになっていると言われます。

世界初ふとんコンディショナーなら、寝床内を快眠温度の33℃にキープし、寝入りを-1℃、目覚めを+1℃で温度の力で眠りをコントロールします。就寝と起床の時刻はタイマーで設定することが可能です。

エアスペーサー内に搭載されたセンサーの情報に基づいて、風量およびヒーターの発熱を調整し、寝床内の最適な温度環境を整えます。

ふとんコンディショナーが発する音は図書館内の音量(40dB)以下で、静かな環境を妨げずに、心地よく眠ることができます。

一晩にかかる電気代は50円と省エネで、この金額で気持ちのいい目覚めからはじまる毎日を手に入れることができます。

レイコップが独自開発した「ホメスタイオン」がウイルスと菌の除去および悪臭を取り除くことでマットレスを清潔に保つことができます。

寝具ケアモードでは、50℃以上の温風をマットレスにいきわたらせ、まるごと除湿、脱臭、ダニ対策をおこなうことが可能です。

付属の延長ユニットを使用することで、さまざまな高さのベッドや敷布団、マット等でも使えるように設計されています。床からマットレスまでの高さ650mmまでのベッドに対応することが可能です

本体サイズは約幅463.5×奥行き223.5×高さ526.5mmで、重量が7.2kg(調整ユニット1.18kg除く)、エアマットのサイズは約幅1,980×奥行き1,010×高さ45mmで、重量が5.4kgです。

ふとんの中の温度をコントロールして理想的な睡眠環境を提供してくれるふとんコンディショナー「FCST-100」で、快適な睡眠と健康的な目覚めを手に入れてみませんか。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大