テーブルの上で気軽に手軽に燻製風料理が味わえるハンディスモーカー「FUMO」発売!小型軽量で携帯サイズの燻製器!

テーブルの上でも気軽に手軽に燻製風料理ができる携帯サイズの燻製器「FUMO」が、ヒロ・コーポレーションから発売されました。コンパクトでアウトドアやホームパーティーなど場所を選ばず気軽に使用することができます。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大

いつでもどこでも手軽に燻製風料理が味わえる!

燻製は、食材をスモークチップから出る燻煙により食材を燻すことにより、保存性を高めるとともに特有の風味を付加した調理法です。

燻煙に香りの良いサクラや、ブナ、おが屑、リンゴ、ヒッコリーなどの木材を使用することで食材に風味付けをすることができます。また、燻煙により煙中の殺菌成分が食品に浸透すると同時に、長時間の燻煙によって食品の水分量が減少することで起きる水分活性の低下により保存性を高めることができます。

今回発売されたハンディスモーカー「FUMO」は、乾燥させる燻製器と違い、燻製チップの香りを簡易的に食材へ付加し、燻製風の料理ができる燻製器です。本来の燻製調理では難しい生野菜などにも香り付けすることができます。

電池式で駆動し、軽量コンパクトなので、アウトドアやホームパーティーなど場所を選ばず気軽にいろいろな食材へ燻煙による香り付けをおこなうことができます。

好みのスモークチップ(別売り)をスモークチップ受け皿の上で着火、発煙させると、内蔵のファンによりチューブの先から燻煙が流れて、その燻煙を食材の入った容器に充満させます。好みの時間(2〜3分が目安)密封することで、スモークチップの香りが食材に移り燻製風料理を作ることができます。

発生した燻煙は、熱くなく、幅広い食材に使用することができます。熱に弱い生野菜やアイスクリームなど好みに応じてさまざまな楽しみ方が可能です。

食品の加工、加熱、乾燥を目的とせず、香り付けのみに機能を絞っていますので、通常の燻製調理には使用できないので注意して下さい。

本体は、アルミニウムや亜鉛合金を使用し軽量でありながら丈夫で、耐久性も高くなっています。

電源は単三電池2本で動かすことができます。

本体サイズは約幅60×奥行き35×高さ125mmで、本体重量は約310g(単三電池2本含む)となっています。

いつでもどこでも燻製風料理を楽しむことができるハンディスモーカー「FUMO」で、気軽に手軽においしい食事を楽しみませんか。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 豊かな暮らしへ

シェアする

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大