次世代型の真空断熱4WAYボトル「Golchi」発売!冷たいドリンクと温かいドリンクを同時に持ち運べる革新的な水筒!

革新的な次世代型の真空断熱4WAYボトル「Golchi(ゴルチ)」が、輸入製品を中心とした流通を担う合同会社FRONTIER TRADEから発売されました。冷たい飲み物と温かい飲み物を同時に持ち運べる新しいタイプの水筒です。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大

冷たいドリンクも温かいドリンクも1本で同時に運べる!

「Golchi」は、2017年にクラウドファンディングサービスGREEN FUNDING by T-SITEにて日本初上陸プロジェクトを実施し、製品化に成功した輸入プロダクトで、冷たい飲み物と温かい飲み物を同時に持ち運ぶことが出来る革新的な真空断熱ボトルです。

最近は、脱水症状や熱中症予防、肌の乾燥防止、免疫力のアップのためなど、水分補給の大切さが注目されています。こまめに水分を補給することが必要なことはわかっていても、外出先でコンビニや自販機等でいつも飲み物を買っていると、財布の中身も気になってしまします。

そんなときに便利なのが「マイボトル」です。好みのドリンクを水筒に入れて、オフィスなどに持って行く人も多くなってきていると思います。同じ商品でも個別で買うより、まとめて買うことでお得な商品がたくさん販売されています。

「マイボトル」を持つことで、お得にまとめ買いしたドリンクを分けて使用したり、自宅で作ったドリンクを入れて持っていくことも出来るので、長い目で見ればコストパフォーマンスも良くなります。

「Golchi」は、そんな「マイボトル」に革新的な機能を備えた次世代型の水筒です。

大きな特徴は、世界初のモジュール式デザインによって自由にカスタマイズできる設計の4WAY構造のボトルです。1本のボトルが4種類に使い分けが出来るセパレート設計になっています。

組み合わせ方によって、冷たいドリンクと温かいドリンクを同時に持ち運んだり、1つに繋げて容量を増やすこともできます。ボトル自体を2つにセパレートして、室内用と外出用といった使い方や、仕切りとなるビルトインケースにコーヒークリームやお菓子、薬などを収納して一緒に持ち運ぶこともできます。

容量が大きな水筒は大量の飲み物を持ち運びがしやすい反面、お手入れの際にスポンジが届きにくく洗いづらいという課題がありましたが、「Golchi」は各パーツを分解することができるので、それぞれのパーツごとに手入れすることができます。底の方は洗いにくく汚れが溜まりやすい場所ですが、「Golchi」ならしっかりと洗うことが可能です。

底蓋は3段階の調整が可能な飲み口になっているので、熱いドリンクは口を小さく、冷たいドリンクは口を大きくといった使い方ができ、飲み物に合わせて調整することができます。

また、底蓋にはマグネットロックメカニズムを採用し、カバーを開けて飲むときに蓋が落ちてくるのを防ぎ、安心してドリンクを飲むことができます。

上蓋、底蓋の両方の蓋には温度マーカーが備えられ、中に入れたドリンクがホットかコールドかがひと目でわかるようになっています。ただし、手動ですので中身を入れたときに間違いがないように注意して下さい。

上蓋には折りたたみ可能なハンドルが付いていて、持ち運びに便利です。また、フックにかけておくこともできます。

ジムやヨガなどスポーツやトレーニング後の水分補給はもちろん、ちょっとしたお散歩やピクニック、ハイキングといったアウトドアレジャー、さらに普段使いのボトルやマグとしてオフィスや自宅でも活躍することが出来る真空断熱4WAYボトル「Golchi」で、しっかり水分補給をして、健康な生活を心がけてみませんか。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 豊かな暮らしへ

シェアする

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大