「ルンバ」だけがロボット掃除機じゃない!手の届きやすい価格でパワフルな吸引と水拭きが可能な「Eufy RoboVac G10 Hybrid」!

この記事は約4分で読めます。

ロボット掃除機は、床掃除の手間を減らして、暮らしを大変楽にしてくれます。

一昔前は「ルンバ」をはじめとして高いイメージのロボット掃除機でしたが、最近はコストパフォーマンスの良いモデルもたくさん登場しています。

ロボット掃除機を使って家事を効率化して、時間と心にゆとりを持ちましょう。

 

スポンサーリンク

ロボット掃除機で日常の床掃除して家事の効率化!

掃除は、毎日の積み重ねが大事です。でも、床掃除を毎日やるのは大変ですよね。共働きの家庭であれば、なおさら、毎日掃除するのが嫌になるかもしれません。

ロボット掃除機があれば、疲れることなく、毎日床をきれいにすることができます。

 

ロボット掃除機には、吸引掃除式と拭き掃除式があります。多くのロボット掃除機は吸引式です。

吸引掃除式は、手動の掃除機と同じように、床のゴミを吸い取り、ダストボックスに溜めます。フローリングやカーペット、畳などさまざまな場所を掃除することができます。

拭き掃除式は、取り付け式のモップやクリーナーを使用して、フローリングの床を水拭きや乾拭きすることができます。吸引式に比べてホコリやハウスダストが舞い上がりにくく、花粉症の人や赤ちゃん、ペットのいる家庭でも活躍できます。ただし、カーペットや畳などは掃除できません。

 

1台で吸引と水拭きが可能なハイブリッドロボット掃除機!

アンカー・ジャパン株式会社の「Eufy RoboVac G10 Hybrid」は、パワフルな吸引と水拭きの2通りの掃除が1台で行えるハイブリッドロボット掃除機です。

 

吸引による掃除だけでなく、硬い床面の水拭きが可能なモッピングモードを選択することができます。環境や目的に合わせて吸引と水拭きの2つのモードを使い分けることで、床をきれいに掃除することが可能です。

エントリーモデル「Eufy RoboVac 11S」の約1.5倍となる最大2000Paの強力な吸引力で、しっかりと掃除することができます。パワフルでありながら約7.2cmの薄型設計で、ベッドやソファーの下など手の届きにくい場所でも簡単に掃除をすることが可能です。

ジャイロセンサーと加速度センサーを用いた「スマート・ダイナミック・ナビゲーション」を搭載しています。Eufyのエントリーモデルに搭載されているナビゲーションシステムと比べて効率的に動くことができ、短時間で掃除を終わらせることができます。

 

Wi-Fiを搭載し、EufyHomeアプリを使用することで、掃除の開始・終了のコントロールやスケジュール設定、モード変更等をスマートフォンから簡単におこなうことが可能です。

衝突防止機能や落下防止センサーも搭載されているので、安心して使用することができます。また、本体の充電残量が少なくなると自動で充電ステーションへ戻り、充電完了後、掃除を停止したエリアから掃除を再開する機能も付いています。

フィルターは水洗いが可能で、簡単にお手入れすることができます。

 

傷がつきにくい強化ガラスカバーを上面に採用したプレミアムデザインで、洗練された美しい外観と高い強度を両立しています。

本体サイズは約幅33.5×奥行き33.5×高さ7.2cmです。充電時間は約300〜360分で、動作時間は最大80分です。

 

約7.2cmの薄型設計で、最大2000Paのパワフルな吸引と水拭きが可能なハイブリッドロボット掃除機「Eufy RoboVac G10 Hybrid」で、家事の効率化を図り、限りある時間を大切にしませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました